下試し【英文表記:shimodameshi 】とは、行き場を失った性的、または排泄的ないわゆる「下がかった話」を成仏させる日本の習俗の一種である。

古来より、地獄の釜が開く御盆の期間中に開催され、地方によっては下がかった霊魂がこの世とあの世を行き来するための乗り物として、「精霊馬(しょうりょううま)」と呼ばれるきゅうりやナスで作る動物を用意し、仏壇まわりや精霊棚に供物とともに配する。

<基本ルール>
1. 性と排泄にまつわる話に限る
2. 人を不快にさせる表現は厳禁
3. 一話ごとにローソクの火を吹き消す

下試し(しもだめし)に関するコンテンツは全て以下のサイトに引っ越しました。
おもしろいシモがかった話が満載です。

下試し(しもだめし)

行き場のないシモがかった話を成仏させる、みんなの下ネタポータルサイト

 

「いいかも!?」ボタンを押してこのアイディアを実現させよう!

みんなにこのアイディアを拡散する

Facebookコメント

コメント

この記事を書いたセミプロ

Ryusuke

1980年、福岡県は大川市の生まれ。外資系化学メーカーでグローバルエリートとして勤務する傍ら、セミピューロを旗揚げ。 代表的なアイディアとして下試し(しもだめし)、おしっこモーター発電機など。

コメントする

CAPTCHA