短編
4

カウパータイムスリップシリーズ第二弾。 1930年 竹薮の中にしゃがんで抱き合う学生服姿の山内潔(18)と雪村早苗(17)。 手の甲に「X」の火傷がある潔の右手が早苗のスカートをさ…

短編
12

金木陽子は幼い頃に両親と生き別れた。 当時の記憶は朧げながら、陽子は母親が言っていた二つのことを覚えていた。 一つは、自分達は甲賀の忍びの血を受け継いでいるということ、そしてもう一…