『下試し』にご参加の紳士淑女の皆様
本日は記念すべき第一回目の開催、誠におめでとうございます。 遠く九州は大分より心よりお喜び申し上げるとともに第二回が催されることをお祈りさせていただきます。

『下ネタを通して心身ともに元気になる』
そんなことが出来たら素敵なんじゃないかとここ数年心の奥のほう、ずっと奥のほうで思っていました。自分自信が元気になるのはもちろんですが、自分に関わる人も元気に出来たら最高ではないかなと。
間違っても周囲の人が不快になるような下ネタは厳禁だと思っています。相手に敬意を払い、迷惑を掛けない、不快にしない、そしたらまずは元気になれる第一歩“下ネタの社会的地位向上”に繋がるのではないでしょうか。

そのためにはナニが必要か?
まったくもってわかりませんがとにかく『下試し』を実行したら次に進む道が見えてくるのではないかなと。

人間の三大欲求のうち性欲だけは人類の有史以来、日の目を見ておりません。もしかしたら食欲や睡眠欲のように口に出しても当たり障りのないものだった時代があったの かもしれません。
しかし現在は悔しいのですが健全な下ネタの文化・伝統がどこかの世代で途切れてしまった可能性が非常に高いのです。
先輩が後輩に知識や経験、思いを伝えていく。これってずっと昔から行われてきていることだと思います。ただ、途切れることなく続けることってとても難しいことだからどこかで途切れた のかもしれません。
次の世代に負の遺産を残さないためにも我々が起ちあがり、下ネタの社会的地位を向上させて健全な世の中を取り戻しましょう。

ハイロウズの名曲『日曜日よりの使者』の歌詞で『誰ひとり傷つけない、日曜日よりの使者』とあります。我々でアダルト版“日曜日よりの使者”になって誰も蔑むことなく日本をそして世界を元気にしていきましょう。

長々すいません。何がいいたいかというと、エロくたっていいじゃないか人間だもの。みなさん、本日は小宇宙(コスモ)を爆発させてください。

ではでは。

「いいかも!?」ボタンを押してこのアイディアを実現させよう!

みんなにこのアイディアを拡散する

Facebookコメント

コメント

この記事を書いたセミプロ

Ryusuke

1980年、福岡県は大川市の生まれ。外資系化学メーカーでグローバルエリートとして勤務する傍ら、セミピューロを旗揚げ。 代表的なアイディアとして下試し(しもだめし)、おしっこモーター発電機など。

コメントする

CAPTCHA